« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

2008.02.28

ザゼンソウ

細ヶ沢川の水質調査で、上流のザゼンソウ自生地の沼の窪へ行く。ウィークデイーにもかかわらず、たくさんの人が見にきていた。大宮から見にきた(写真撮影らしい)というグループもいて、富士見温泉の場所を聞かれた(^_^)。昨年と比べると、雪のせいか、ザゼンソウの色がいまいちのように思う。
Zazenso_r

| | Comments (0)

モンキチョウ♀

水質調査でふれあい水路へ。階段を下りていくと、白いチョウがヒラヒラ飛んだ。モンキチョウの♀だった。1月15日に見た個体と同じだろうか。2月22日には♂も見たが、この日は飛んでいなかった。
Monkicho

| | Comments (0)

2008.02.26

窓越しバードウオッチング(11)メジロ

アクロバット式食餌法
Mejiro




こうやって食べれば楽チンだと思うのだけど。
Dsc08164_r

| | Comments (0)

2008.02.24

窓越しバードウオッチング(10)

2月24日雪の朝
ツグミ
Tsugumi_r







キジバトとスズメ
Suzumekijibato_r





モズ
Mozu_r







2月22日
気まぐれにやってくるオナガ
Onaga_r







| | Comments (0)

2008.02.23

越冬キタテハ

1月にモンキチョウを見た土手に行ってみた。モンキチョウの♂が元気に飛んでいた。越冬中のキタテハも陽気に誘われて飛び出したようだ。

スイバのロゼットに止まるキタテハ
223kitateha

| | Comments (0)

嶺公園にて(2)

ポカポカ陽気の中、久しぶりに嶺公園を歩く。今年はシメが集団で見られる。単独行動をしなくても餌が十分にあるということなのかもしれない。仲間と一緒のほうが、安心だしね。

223shime Shime_r







可愛いエナガ
223enaga






シジュウカラ
Shijyukara






ジョウビタキ♀
Jyoubitaki






三羽ガラスじゃない三羽カワウ そろそろ繁殖時期なのだろうか、婚姻色が出て、きれいに見える。
Kawau

| | Comments (0)

2008.02.17

散歩道で

桃ノ木川ではダイサギが大堰川との合流地点で見張りスタイル。そばをマルガモ(交雑体)が泳いでいる。
Daisagi_r








カイツブリとコガモ
Kaitsuburi_r






施設の庭にいたジョウビタキ♀
Jyoubitaki2_r







家の近くの水路にいたキセキレイ
Kisekirei_r

| | Comments (0)

2008.02.16

ぐんま昆虫の森

群馬の蝶を語る会の行事で、ぐんま昆虫の森に行ってきた。今回は生態温室や飼育室がメインで、外の観察はなかった。常夏の温室では、去年沖縄で見た蝶たちが乱舞していた。飼育室では、美しい蛹たちがまるでイヤリングのよう......。黒っぽい幼虫が透き通るような緑色の宝石に変身する姿はまさに自然の妙だ。1万冊の本があるという学習コーナーも充実していて素晴らしい。調べ物はここにくれば解決かも。

Shiiku_r Shiiku3_r Shiiku2_r Tosho_r







生態温室の蝶たち

イシガケチョウ、オオゴマダラ、カバタテハ、クロセセリ、コノハチョウ、スジグロカバマダラ、タテハモドキ、ツマベニチョウ、ツマムラサキマダラ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウミスジ
Ishigakechou Oogomadara Kabatateha Kuroseseri Konohacho Sujigurokabamadara Tatehamodoki Tsumabenicho Tsumamurasakimadara Ryukyuasagi Ryukyumisuji

| | Comments (0)

2008.02.11

コサギの採餌光景

日輪寺町の大堰川でコサギが採餌していた。水中で脚を動かして、魚をおびき出し、すばやく獲る姿はいつ見ても面白い。最近このコサギが減ってきているという。桃ノ木川周辺ではまだ見られるが、確かに少なくなってきているように思う。

| | Comments (0)

ノスリ

平地ではあまり見られないタカだが、積雪の山では餌の獲得が大変なのだろうか、今の時期、下におりてきているようだ。雲のない青空をゆっくりと旋回していた。
211nosuri

| | Comments (0)

2008.02.07

窓越しバードウオッチング(9)ツグミ

毎日ツグミがやってくる。ヒヨドリに追い払われるが、めげずにやってくる。前羽を下げてリラックスポーズかな?Tsugumi2_r Tsugumi_r 








夕日を浴びながら、物思いにふけるツグミhappy01
Tsugumi3_r  

| | Comments (0)

2008.02.05

嶺公園にて

雪が残る嶺公園に行ってみた。大堤沼で、パッチワークのような顔のトモエガモ♂2羽を遠目ながらよく見ることができた。見ている後ろでベニマシコ♂がさかんに採餌をしていた。久しぶりにじっくり観察。沼ではカルガモがディスプレー、早くも繁殖行動がはじまっていた。林の中ではシロハラの姿。

ベニマシコ
Benimashiko






 カルガモ
Karugamo_r






シロハラ
Shirohara2

| | Comments (0)

2008.02.03

窓越しバードウオッチング(8)雪の朝

お手伝いをする予定だった探鳥会が、朝からの雪で中止になってしまった。雪景色を見ながらの雪見酒.......な~んていう趣味は全然ないので、読書をしながら窓越しバードウオッチング、いやバードウオッチングをしながらの読書かな?おかげで本を一冊読破した。雪の中、鳥たちは今日も元気。
モズ
ボケてしまった........
Dsc07664_r







雪を食べるヒヨドリ
こちらもボケボケ....... Dsc07668_r







カオジロガビチョウ
今朝も5羽でやってきた。雪が積もっていない木の根元をつっついていたが、虫なんかいるのかな? Kaojiro_r
Kaojiro2_r    







スズメ
雪がよく似合う.......Suzume_r
Suzume2_r 

| | Comments (0)

2008.02.02

ハヤブサ

歩いていると、頭上高く、タカらしい鳥が飛んでいった。オオタカ?あれ、ちょっと違うみたい。鉄塔に止まったのを確認して、近くまで行って、よく見ると、何とハヤブサだった。散歩コースで見るのは初めてである。胸の横斑から成鳥のようだ。顔にハヤブサの特徴でもあるもみ上げ模様がはっきり。鉄塔の下から見つめても動じる様子がなかったが、カラスがやってくるのを見て、西のほうへ飛んでいってしまった。やっぱりカラスは嫌いなようで.....。Hayabusa
Hayabusa5

| | Comments (0)

タシギ

キセキレイを見ていたら、突然飛び出した鳥がいた。目で追って、道端に下りたところを確認。双眼鏡で見るとタシギのようだ。遠目ながら、証拠写真をゲット。何度か見ているのだが、突然足元から飛び立つので、写真を撮り損ねていた。それにしても長い嘴。
Tashigi

| | Comments (0)

シメ

この冬はシメが多い。平地では普通、単独で見かけることが多いのだが、この冬は集団で見られるようだ。散歩コースの桃ノ木川付近に、30羽ちかい群れでいるのを確認。このようなことは初めてだ。飛びながら、顔に似合わず?ツィーツィーと可愛らしい声で鳴いていた。

Shime3_2
Shime5

| | Comments (0)

冬眠中のアマガエル

ようやく、あちこちでツグミの姿を見かけるようになった。林の中で、ツグミが何かをくわえて振り下ろしたりしていた。双眼鏡で見るとアマガエルらしい。ツグミはモズと違ってカエルは食べないはず。多分枯れ葉の下の浅い土の中で冬眠していたのをツグミが突っつきだしてしまったに違いない。やがてそのままにして飛び去っていった。カエルはグタ~として動かないが、どこもケガはしていない様子。振り回されても冬眠真っ盛りで、目が覚めていないようだ。土をかぶせて、枯れ葉をかけておいた。春までおやすみzzz......。Kaeru

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »