« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

2007.05.31

カナヘビ

蛾を見ていたら、すぐそばでカナヘビがじっとしていた。まだ幼体のようだ。デジカメを近づけても逃げる様子もなかった。かわいいネ^_^;。Kanahebi_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オオアヤシャク

庭で羽化したばかりの蛾を発見。そばに植わっているシデコブシが食草のオオアヤシャクのようだ。うしろばねの目立つ模様が目に入って気がついた。模様がシックでなかなか美しい蛾。今度は幼虫をみつけたいもの。Ooayashaku_rOoayashaku3_rOoayashaku2_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.29

ただいま繁殖中

ゴイサギ、カワウ、ダイサギがみつどもえで繁殖している。

カワウがミニコロニーを作っていた。フンで白くなったマツ。去年まではこんなに集団ではなかったはずだが.......。下のほうではゴイサギが抱卵中。Dsc04131_r_r_r_1





ゴイサギの成鳥と若鳥 Goisagi2_r Goisagi_r







ダイサギのペア_r_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツバメの幼鳥たち

Tubame3_r Tubame1_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだいるカモたち

5月も末だというのに、調整池でまだ居残っているカモたちがいる。キンクロハジロは多数。その中に混じってホシハジロがいた。その他、コガモ、マガモ、オカヨシガモ、オオバンなど。 そろそろ渡去だろうか。

キンクロハジロの群れKinkuro2_r







オカヨシガモOkayoshi_r







オオバンOoban_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トウキョウダルマガエル

北橘町の田んぼで、トウキョウダルマガエルが合唱していた。家の周りではなかなか見つからないトウキョウダルマガエルなのに、そこかしこにいる。一応群馬県の絶滅危惧Ⅰ類に入っているのだが、たくさん生息しているところもあるんだね。Daruma2_rDaruma3







【動画】鳴き声 呼応するかのように鳴き交わしていた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.28

コメボソムシクイ通過中

毎年今の時期(5月25日ごろ~6月5日ごろ)、日本を通過する。今年は渡ってきたばかりのメボソムシクイの声は聞き逃してしまったが、コメボソムシクイは毎年ほとんど聞き逃すことがない。画像と声は→こちら

| | Comments (1) | TrackBack (0)

シジュウカラ幼鳥

巣箱のスズメはすべて巣立っていった。ヒナたちは安全なところで餌をもらっているのか、まだ飛んでいる姿は見られない。口のまわりを白くしているスズメは親鳥だろうか?器用に飛んでいる蛾をつかまえているのを見た。ヒナの餌になるのだろう。

自然界は子育ての真っ最中。子ガラスが親ガラスに餌をねだっているような光景も見られる。林のまわりでは、ヒナの可愛らしい声が響いていた。画像はシジュウカラの幼鳥。元気に飛び回っていた。Dsc04086

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.24

スズメ子育て中

庭の夏椿にシジュウカラ用の巣箱をかけてあるのだが、シジュウカラではなく、スズメが巣作りをはじめた。出入りしやすいように、穴を少し広げてあげた。今子育ての真っ最中のようだ。親が頻繁に出入りをしている。

4月12日 巣材を運ぶ412suzukuri_r







5月2日 52_r







5月15日虫を運ぶペア515_r







5月23日 フンを運び出しているのが見られた。Dsc04063_r







5月24日ヒナの姿確認Dsc04068_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.21

モズ子育て中

電線にモズの雌が青虫をくわえて止まっていた。近くに巣があるらしいが、私が気になるらしく、いっこうに飛び立とうとしなかった。どうやら民家の庭の木に巣があるようだ。521mozu_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トビの幼鳥

マツにタカがいるので調べて欲しいと頼まれ見にいく。地上4メートルくらいの低いところに巣があった。トビの幼鳥がきょとんとした顔でこちらを見つめていた。ふっくらしていて、栄養状態はよさそう。521tobi_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.20

セリバヒエンソウ(2)

5月4日に見たところとは別の場所でセリバヒエンソウを発見。富士見村の渓流沿いの水辺にひっそりと咲いていた。Seribahienso_r







ウラシマソウ 同じ場所で Urashimaso_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.19

北京の野鳥

北京に着いて、最初に見た野鳥はなんとカササギだった。旅の間、あちこちで見られた。同じカラス科のオナガも何度か見かけた。北京では、日本では九州の一部にしかいないカササギと関東地方にいるオナガとが同時に見られる。ところが不思議なことにカラスが少ない。2~3度しか見かけなかった。ドバトも群れで飛んでいる姿は何度か見たけれど、地面にいるのは一度も見なかった。スズメも少ない。たった一度公園でシジュウカラの声は聞いたが、それ以外に野鳥らしき姿は見かけなかった。ただ世界遺産の建物ではツバメ類がさかんに飛んでいるのが見られた。よく見られたのはアマツバメ科のヨーロッパアマツバメ?で、黒っぽいからだと細いカマが印象的だった。

カササギの巣のようだ。街路樹のポプラの木にたくさん見られた。一本の木に2個~3個作られているのもあった。Kasasaginest







中国ではカササギは縁起の良い鳥とのこと。ある民家にカササギが飛び込んできたことがあり、その後その家に良いことが3つも続き新聞のニュースになったとか。Kasasagi Kasasagi2







オナガ 日本のオナガと同じOnaga_3







ハシブトガラス 北京では非常に少ないKarasu_1











スズメ このように群れでいるのは稀Suzume2_1







昆明湖で見た水鳥 アジサシの飛び方のように見えたが.........?511ajisashi_1









胡同(北京の下町)の民家で飼われていた鳥  立派な鳥かごKaidori_1













動画を見る

私を威嚇しているのか大きな声で鳴いていたが、鳴き方にもいろいろバリエーションがあるようだった。

北京ダック
こんがりと焼かれたダック。頭の部分が一番美味しいとのことだが、ちょっと手がでなかった(-_-;)。513pekinduck_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.18

北京の夜市

北京の繁華街、王府井(ワンフーチン)を歩く。屋台がずらっと並ぶ夜市は見もの。売り子さんたちが赤い帽子に赤いエプロンで呼び込みをしていた。511yoruichi5_r 512yoruichi6_rYoruichi7_r







サソリ、海燕、タツノオトシゴ、蚕の蛹、バッタsp、ゲンゴロウなどが串刺しにされて売られていた。食べる勇気なし...............511yoruichi2_r511yoruichi1_r511yoruichi3_r511yoruichi4_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.17

北京の風景

11日から14日まで北京に行ってきた。世界遺産の頤和園、故宮、万里の長城、明十三陵、天壇などをかいま見てきた。オリンピックを来年に控えて、市内は工事中が多かったが、今年中にはすべて完了するとのこと(完了しなければならないとか)。高層ビルが林立しているのには驚く。それにもまして、人の多さに圧倒された。車も多く、渋滞も激しい。車の横を自転車が連なって走っている。自転車も人間も平気で道路を横断するので、ハラハラする。車の割り込みも日常茶飯事らしく、乗っているバスが時々急ブレーキをかけるので閉口した。中国の人たちのたくましく生きている姿を見ると、日本人ってなんて静かな人間なんだろう....なんて思ってしまった。

中国らしい高速道路インターチェンジ Expressic_r








高層アパートApart








オリンピックメインスタジアム 鳥の巣をイメージしているとか。
目下工事中Olympic_r









頤和園(いわえん) 皇帝の離宮  昆明湖から見た万寿山の仏香閣 人工の湖と山511iwaen_r








天安門広場 100万人の集会を開くことができる広さとか。 我々が見学したのは12日の午前だったが、その日の午後、毛沢東の肖像画に可燃物が投げつけられた事件があったとのこと。翌日には肖像画は取り替えられたらしい。Tenanmon_rTenanmon3_r








工事中の故宮 Kokyu_r_1Kokyu2_r








人の波の万里の長城(八達嶺)  悠久の昔をしのぶ余裕なしGreatwall_rGreatwall2_r








明の十三陵(皇帝のお墓) 荷物検査があるJyuusanryo_r








天壇公園(祈念殿) 儀式の場Tendan3_rTendan4_r












心配した黄砂も吹かず、思ったほど大気汚染もひどくなく、4日間、晴天に恵まれラッキーだった。30度を越す暑さになったものの、湿度が低かったので、快適に過ごせた。日差しはかなり強かった。ちょっと気になったのが、万里の長城付近でヤナギの綿毛が舞っていたこと。時期になると、ヤナギやポプラの綿毛が雪のように降り、健康を害する人もいるらしい。北京の市内では、街路樹にエンジュをよく見かけた。ポプラの木もかなりの数植栽されているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.04

セリバヒエンソウ

富士見村の北部の雑木林で咲いていた帰化植物の花。家の周辺では見たことがない。花の形といい、色といい、なかなか美しい。Unknown_r Seribahiensou

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ホタルカズラ

そろそろ咲いているのではと、以前群生しているのを見た場所に行ってみたが、見る影もなくなっていた。かろうじて、数個咲いていた。田口町にてHotarukazura_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.03

ニオイタチツボスミレ

楚々と咲くニオイタチツボスミレ。よい香りがする。Nioitachitubo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

センダイムシクイ

久しぶりに近くの林へ。オオルリ、キビタキ、クロツグミ(声)、センダイムシクイ、エゾムシクイ、コサメビタキなど夏鳥たちが勢揃い。ヤマガラも多く、メジロやシジュウカラもさかんにさえずっていて、とてもにぎやかだった。ツグミ1羽見る。カケスもそろそろ山へ戻る頃だが、まだ数羽いるようだ。
センダイムシクイが後ろ向きに止まっていたが、ちょっと横を向いたときに、一枚撮ることができた。眉斑がくっきり、やや黄色味がかって見える。Sendaimushikui

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.01

ウトナイ湖サンクチュアリ

時期的にはまだ早いウトナイ湖サンクチュアリを駆け足で見てきた。ようやく春を迎えたところで、水鳥たちはすでに旅立ち、夏鳥にはまだという時期だったが、センダイムシクイはすでに来ていてさかんに鳴いていた。他にオオジシギと思われるシギが飛んで茂みに入るところを見られた。

ウトナイ湖Utonaiko_r







林の中Utonai_r








見られた花たち 上からナニワズ、フッキソウ、スミレの一種Naniwazu_r Fukkisou_r Sumire_r







ウグイスはそこかしこで鳴いていたUguisu_r








クジャクチョウKujakuchou_r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »