« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

2007.01.31

庭にやってきた鳥たち(14)

最近はこのペア?が定期的にやってくる。どちらが雄なのか雌なのか。喧嘩せず、いつも仲良し。Mejiro_5







何が何でもほしい餌。お~とっとっと。Hiyodori4






なにやってんだか。それじゃお話にならんでしょうが。Hiyodori3







これではどうだ!Hiyodori2_1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.30

アオジ

ヤブの中でチョコチョコしていて、なかなか表にでてこないアオジ。ようやく一枚撮れた。Aoji







林の中では、カラ類がにぎやか。コゲラが枯れ木をつっついていた。アカゲラもアオゲラも同じ林で飛び回っていた。ドラミングの音も聞こえる。春だねぇ。Kogera

| | Comments (2) | TrackBack (0)

矢車菊

道端に矢車菊(矢車草)が咲いていたので、ちょっとびっくり。この暖かさでは、咲いていても不思議ではないかもね。Yagurumaso

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.28

野鳥観察会

暖かい日差しの中、「南橘の自然観察と環境を守る会」の野鳥観察会が行われた。桃ノ木川の石関橋から観音橋を往復する。今年は右岸のヨシがきれいに刈られていたせいか、双眼鏡で見つめられてカモたちが落ち着かない様子。いつもいるオオバンの姿がなかった。
竹橋付近で思いがけずセッカが現れた。どうやら桃ノ木川沿いで冬を越しているようだ。鳥仲間のUさんもこの川沿いで冬に見たことがあるとのこと。また同日別の探鳥会でもセッカが出現したそうだ。ポカポカ陽気に表にでてきたのかもしれない。モズの雄と雌が同じ木に止まっていた。早くもそろそろペアリングの準備だろうか。帰り際、昨年とほぼ同じ場所で、コチョウゲンボウらしき猛禽を見る。尾がよく見えず、断定は出来ないが、遠くから見ると胸が真っ白に見えた。

確認種33種(カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、コチョウゲンボウ?、キジ、キジバト、キセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、セッカ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 
Momonokigawa







額から頭頂にかけての黄白色がないヒドリガモHidorigamo_1







セッカSekka2_1





| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.01.26

建長寺のカワセミ

建長寺の方丈(龍王殿)から庭園を眺めていたら、思いがけず、カワセミが現れた。参拝者の目の前で、何度か池の中へダイビング。美しい庭にカワセミのエメラルドブルーがとても映えていた。Houjyou Kawasemi1 Kawasemi2

| | Comments (0) | TrackBack (1)

タイワンリス

鶴岡八幡宮で何度もタイワンリスを見かけた。群集の目の前をチョロチョロ駆け抜けて行く。大銀杏の大木を下りていく様子も見られた。かなりの数がいるのではないだろうか。Risu

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ボケの花・マンサクの花

ちょっと遠出して、冬の鎌倉を散策した。長谷寺で、穏やかな冬の陽をあびて、木瓜の花、マンサクの花が楚々と咲いていた。Bokemansaku

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.24

庭にやってきた鳥たち(13)

久しぶりに食べたクリームドブリュレの容器を見て、これ、メジロちゃんの給餌にいいじゃんと思い、さっそく2ヶ所に取り付けてみた。ここにはさすがのヒヨドリも止まれまい。さっそくやってきたメジロちゃん。いい感じ(^^♪Mejiro_4







ところがである。一枚上手のヒヨドリ君。こんな芸当ができるなんて..............(@_@)。針金を伸ばさなくちゃ。Hiyodori2

| | Comments (3) | TrackBack (0)

キツネが....................

朝、赤城南面道路を走っていたら、道路にカラスが群がっている。轢死体の動物をハゲタカみたいにつっついていたのだ。ぎょっとしながらよく見ると、キツネだった。久しぶりに見るキツネだったが.....(-_-;)。Kitsune

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.21

庭にやってきた鳥たち(12)

今日はキジバト、オナガがやってきた。ジョウビタキはおまけ。いずれも窓越しにパチリ。Kijibato Onaga_1 Jyobitaki_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.20

庭にやってきた鳥たち(11)

フィーダーにやってきたツグミ。メジロとのツーショット。縄張りを持つツグミだが同じ庭に2羽いることもある。餌が十分ある場合はツグミの縄張りはゆるやかなのかもしれない。Tsugumimejiro

| | Comments (2) | TrackBack (0)

モズのはやにえ行動?

Hayanie モズがフィーダーにやってきて、お菓子を2~3回ついばみ、ひとかけらをつまんですぐ近くのアジサイの枝に止まった。そして、そのかけらを地面から50センチほどの高さの枝先にくっつけて飛んでいった。これって、モズのはやにえ?お菓子でもやるのかな??モズがはやにえをつくるのは、獲物を刺して食べやすいようにするためとか、なわばりを主張するディスプレーだとか、貯食のためだとか、いろいろな説があるが、今日のモズの行動は、ちょっと置いといて、後で食べようっていう感じに見えた。しばらくして見ると、すでにお菓子はなくなっていた。それにしても、いろいろなことをやってくれるモズ、観察のしがいがある鳥だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.18

クビキリギス

庭の落ち葉をかいていたら、越冬中のクビキリギスが死んでいた。おなかに傷があった。ひょっとしてモズに捕食されそうになって、逃げたものの、力尽きたのかな?Kubikirigisu_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.17

庭にやってきた鳥たち(10)

今朝はヒヨドリの大集団がやってきて、給餌台で大騒ぎ。30羽以上いたようだ。追い払うと、隣のブロッコリ畑に逃げて、またしばらくしてワァ~ッとやってくる。いつもいる地元のヒヨドリは隅っこで小さくなっていたようだ。こんな調子で毎日やってこられたら大変だ~~。Hiyodori_3







給餌台にも堂々とやってくるようになったカケスとモズ。KakesuMozu_3







今日は朝オナガが2羽やってきたものの、私の姿を見てか、餌台にくることはなかったようだ。午後、夏椿の木になんと、アカゲラが縦に止まっていたので、びっくり。ヒヨドリが騒いでいるので、何事かと通りがかりに見にきたようだ^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.15

モズがカエルをゲット

庭の常連客のモズには驚かされることばかり。枝でじっと地面を見ていたかと思うと、舞い下りて、落ち葉をくちばしで払い、何とカエルを中から引っ張り出したではないか。ど、どうして、そこに冬眠中のはずのカエルがいたことが分ったのか??ちょっとした動きも見逃さないモズの千里眼に感服。びっくりして、うまく写真が撮れなかった。地面の枯れ枝?がちょっと邪魔。Mozu2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庭にやってきた鳥たち(9)

ムクドリもやってきた。揚げ玉が好きなよう。Mukudori

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.13

赤城山

榛東村から見た赤城山。前橋から見るのとはちょっと違って見える。“ここから見る赤城山が一番いいでしょ” 皆自分のところから見る赤城山が一番美しいと思っている(^.^)。 Akagi_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アオバト

いつも入院しているアオバトしか見たことがない。下から眺めるのは初めてだ。なかなかきれいな模様。まもなく退院して、自然界にもどっていけそうだネ。いつか外で会いましょう。Aobato

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カモたち

ガン・カモの調査のため桃ノ木川へ。岸にあがって、のんびり日向ぼっこのヒドリガモ。Hidorigamo







餌をあげる人が多いせいか、人間を怖がらないオナガガモ。物欲しげにそばに寄ってくる。 Onagagamo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.12

庭にやってきた鳥たち(8)

朝、カケスがやってきた。非常に用心深く、パンをくわえると、さっと飛び去る。しばらくするとまたやってきて、地面に落ちているパンや、餌台のパンをくわえていった。窓を開けることはできず、窓越しにパチリ。このカケスも常連客になるのかな。大食漢が多いと、給餌が大変だヨ~~。Kakesu1Kakesu2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.11

庭にやってきた鳥たち(7)

今日のお客様はツグミ。これから庭の常連客になるはず。地面に落ちていたパンをつっついていたようだ。ツグミはヒヨドリが苦手なのか、地面にいることが多く、滅多に餌台に止まらない。窓越しに一枚撮る。Tugumi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.10

モズのペリット(2)

モズのペリットを水に溶いて、乾かしてみた。ゴミムシのような甲虫の翅や脚らしきものが見える。下の画像は25倍の単眼鏡で覗いたもの。Mozupellet Pellet

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庭にやってきた鳥たち(6)

毎日やってくるジョウビタキだが、バードケーキもミカンも食べないから餌台には止まらない。ムラサキシキブの実はもうすっかり無いし、探しているのは小さな虫なんだろうね。窓越しに何とか撮った一枚。Jyoubitaki

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.09

庭にやってきた鳥たち(5)

スズメがヒヨドリのいない隙をねらって、餌台にやってきていた。いつもヒヨドリに追われて、ほとんど餌台にこないのだが、珍しい。バードケーキを食べていたようだ。Suzume







いつものシジュウカラは頻繁にやってくる。同じ個体だと思う。いつも一羽だ。バードケーキをついばんでいく。隣ではミカン大好きなメジロ。ちょうど2羽が並んだところをパチリ。好物が違うので、喧嘩にはならないね。Mejiroshijyukara

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.01.08

モズのペリット

毎日やってくるモズに今日はちょっと驚かされた。いつもの枝に止まったので、双眼鏡で見ると、口に大きな緑色の幼虫をくわえている。スズメガの幼虫だろうか。かなり大きい。スズメガの幼虫って、蛹で冬を越すはずでは??冬枯れの庭のどこに幼虫がいるというのだろう。モズの目の良さに感服する。くわえたまま別の枝に移って、幼虫をペロリと飲み込んだ。しばらく見ていると、なんと口を大きくあけて、ペリットを吐き出した。モズがペリットを吐き出す瞬間を見るのは初めてだと思う。飛び去ったあと、さっそくペリット探し。地面を見ても落ちていない。確かこのあたりだったはずとキョロキョロと探す。と、椿の葉っぱの上に乗っかっていた。吐き出したばかりで、モズの唾液(?)がついている。ペリットの中味は甲虫の脚や翅のようだ。水でバラして、あとでよく見てみよう。それにしても甲虫の姿などどこにもないようなこの時期でも、モズは獲物を調達できているようだ。モズってすごいネ。Mozuperit

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.05

モンキチョウ

ポカポカ陽気に、チョウが飛んでいるかもしれないと思い、散歩コースのひとつを回る。南に面した斜面は風も当たらず、春の陽気。しばらくして、白いチョウがフワフワ飛んでいるのを発見。咲いている菜の花に止まることなく、土の上に止まった。モンキチョウ♀だ!成虫で年を越したようだ。やや翅が痛んでいる。幼虫で越冬するチョウなはずだが、暖冬で何とか生き延びているのか?暖かい土の上に、陽光を全身に浴びられるよう、やや斜めに止まっている。エネルギーを蓄えているようだ。これからが寒さの本番。果たして成虫で春を迎えられるのだろうか。ガンバレ。Monkicho2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ニホンタンポポ

暖かい斜面にはニホンタンポポが咲いていた。Nihontanpopo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.04

月下美人の実

昨年9月29日、30日とあいついで咲いた月下美人が実をつけたものの、青いままで12月になり、いっこうに赤くならなかったが、暮れになって色づいてきた。お正月には真っ赤か。な~んか目出度い気持ち(^.^)。今年は5月頃、種を撒いて実生から育ててみたいな。下の画像は昨年9月30日に撮影。Gekkabijin930gekkabijin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

庭にやってきた鳥たち(4)

竹のフィーダーに、毎日シジュウカラがやってくる。お目当ては、バードケーキだ。ヒマワリの種を食べている様子はない。非常に用心深く、鳴きながら、右・左とせわしく体を動かし、フィーダーに降りつくまで、結構な時間を要する。何しろ、ここの庭には、うるさいヒヨドリがいるし、時々モズまでいるので、好物にありつくのも大変なのだ。それでも、一日に何度かやってきているようだ。

午後、ジャーという声に餌台を見ると、カケスの姿。太っちょが止まったので、餌台がゆれていた。ミカンとパンを食べていったようだ。これからが野鳥たちにとって餌が一番不足する時期だ。我が家のレストランもにぎわいそうだ。Shijyukara_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.03

庭にやってきた鳥たち(3)

その後網をかぶせた餌台に、メジロはなかなか入ろうとしない。居心地が悪いらしい。多分、上が開いていないことで、パッと逃げにくいせいかもしれない。ヒヨドリが占領している餌台のほうに、やってくることが多い。ヒヨドリに、執拗に追い払われながらも、目を盗んでは、ちょくちょく餌台にやってきていた。キョロキョロ落ち着かない様子でミカンをついばむメジロ。Mejiro_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空飛ぶ爆音鳥

おだやかな天気のもと、野鳥のメッシュ調査で富士見村を4キロほど歩く。特に変わった鳥は出現せず、快い疲労感を味わいつつ、調査は終了。と、平和をかき乱す爆音が上空で鳴り響いた。双眼鏡で見ると、ランプを点滅させながら戦闘機?が飛んでいる。3が日だというのに、演習??それから1時間以上に渡って、天空を右旋回したり、左旋回しながら、爆音を轟かせながら飛んでいた。ぼやけながらも、ようやく一枚撮れた。何という戦闘機だろうか。それにしても心おだやかならずの爆音なり。2007年が平和な年でありますようにと願わずにはいられない。Plane

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.01

元旦鳥見

おせちを食べて、恒例?の元旦鳥見に散歩コースをまわる。風もなく、気持ちのよい鳥見日和だった。
観察種:カイツブリ、アオサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、バン、チョウゲンボウ、キジバト、アカゲラ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、ホオジロ、ジョウビタキ、カシラダカ、カワラヒワ、シメ、ムクドリ、スズメ、カケス、オナガ、ハシボソガラスの32種。

三国連峰を望む
Mikunirenpo






桃ノ木川のキンクロハジロ。さかんにもぐっていた。 Kinkuro







カラスに何やら話をしている?コサギ Kosagi_1







赤城白川にて。集団で水浴び。ムクドリ・ヒヨドリ・左下はツグミ Mizuabi







桜の木のシジュウカラShijyukara_3

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »