« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

2006.05.31

ニワゼキショウ

531niwazekisho 庭の片隅の日当たりのよいところに群生していたニワゼキショウ。高さ10センチちょっとの小さな可愛らしい花。芝生で咲いているのをよく見る帰化植物。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.29

ハバチの幼虫

林縁でハバチの幼虫に出会う。スイカズラの葉を食べていた。アオコンボウハバチ?触ると、くるっと丸くなって下に落ちた。

529habachi2

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.23

キセキレイも子育て中

カルガモの池の近くでは、キセキレイも子育て中。警戒の声をあげている。どうやら石垣のすき間に巣があるらしい。そっとしておこう。523kisekirei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カルガモの赤ちゃん

523karugamo 生まれて2日目のカルガモの赤ちゃん。9羽生まれた。しぐさが何とも可愛らしい。お母さんカルガモに守られて池の中を自由に泳ぎまわっている。ちょこまかしてなかなか9羽一緒にいることがない。
523karugamo3 陸にあがって周りを警戒する親。子どもたちを勘定すると、確かに9羽いるね。


Karugamo4 親カルガモが一匹の金魚をつっついたり、口にしたりしているので、遊んでいるのかなと思って見ていると、何と金魚を頭から飲み込んでしまったので、びっくり。魚を食べるカルガモを初めて見た。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.05.22

ヒガシカワトンボ

定期的に行っている水のパックテストで富士見村のザゼンソウ群生地に行く。大きく成長したザゼンソウにヒガシカワトンボの褐色型と透明型が止まっていた。 522kasshokumesu522toumeimesu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザゼンソウの葉

富士見村のザゼンソウ群生地。巨大化した葉が生い茂っていた。522zazensouleaf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.20

庭にきたムクドリ

雨上がりの朝、ムクドリが庭にやってきて、採餌していた。餌になるようなものがあるようには見えないのだが、さかんに地面をつっついていた。 520mukudori

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギンラン

ここ数年めっきり減ってしまったギンラン。探してようやく見つけた。 下の画像は2003年5月6日同じ場所で咲いていたギンラン。520ginran 200356ginran2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドクガの幼虫

ノイバラにいっぱいついていた。触ると大変なことに.........。くわばら。 520dokuga

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エサキモンキツノカメムシとコメツキムシ

Esakiandkometsuki ハート型の紋が印象的なカメムシとコメツキムシの一種

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.15

コアジサシ

515kiaashishigi 利根川に今年もコアジサシがやってきた。50~60羽はいるだろうか。中洲周辺を飛び回っている。この中洲で繁殖し、子育てをするようだ。利根川の水量が多いのが心配。雨が多ければ、中洲が水没する可能性もある。コアジサシの近くで餌を採っている水鳥はキアシシギらしい。10羽ほどの小集団で中洲近くで採餌していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.14

シマリス

伊香保森林公園では514shimarisu シマリスが増えているらしい。人間の姿に恐れる様子もなく、目の前で食事をしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊香保森林公園での探鳥会

萌黄色に染まった伊香保森林公園での群馬県支部の県民探鳥会。二ツ岳の尾根にノスリが出現し、皆で観察しているところ。画像には残念ながらノスリは写っていない。514futatsugadake

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.09

キアゲハ

200659kiageha 近所のおじさんが、農作業をしていてきれいなチョウを見つけたと言って持ってきた。羽化したばかりのキアゲハだった。キングサリの花にそっとのせて、記念写真をパチリ。翅を広げ、長いことじっとしていた。気温が上がって、飛べるタイミングを待っているようだ。ところで、キアゲハの幼虫を見せたら、おじさん、はたして「きれい」と言ってくれるかどうか^^;。幼虫の画像は、2002年11月2日に撮影したもの。お店で買ったパセリについていたキアゲハの幼虫。真ん中が終令幼虫。 2002112kiagehayouchu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.03

ナナフシの赤ちゃん

カラスビシャクにからまっているクモの脚のようなものは何?とよく見たら、孵って間もないナナフシの赤ちゃんのようだ。わずか3センチ足らず。吹けば飛ぶよなか細い体。53nanafushi 53nanafushi2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »