1野鳥

2015.12.24

今日の鳥 アオゲラ、ノスリなど

今日は動くと汗ばむような陽気となった。最高気温18℃近くあったようだ。クリスマスイブの日がこんなに暖かいなんてちょっとへん。

12時近く、抜けるような青空の中、飛翔するトビの姿が7~8羽見られた。
上昇気流が発生しているのか、羽ばたく様子もなく、ゆったりと旋回する姿が気持ちよさそう......

Dsc004972

Dsc005082

と、トビに混じって、白っぽいタカの姿が....。ノスリだった。こちらもゆったりと旋回していた。そういえば、今日はまとわりつくカラスの姿がなかった....

Dsc005072

Dsc005002

ポカポカ陽気のせいか、なんとカワラヒワがビーンとさえずっていたので驚く。

Dsc004952

林の中からはキツツキのドラミングの音が.....。アオゲラだった。

Dsc004942

今日は“Spring has come”ってな感じだった....。 こんな陽気、鳥たちも間違えちゃうよね。

| | Comments (0)

2015.12.21

カオジロガビチョウ、ジョウビタキ♀

窓越しバードウオッチングの季節だが、給餌は1月に入ってからのつもり。暖かい冬になりそうなので、給餌を当てにやってくる鳥たちは少ないかもしれない。

給餌とは関係なく、毎日水浴びにやってくるカオジロガビチョウ。いつも3~4羽の集団。争うことなく、順番に水浴びをしていく。

Dsc004772

Dsc004782

Dsc004822

ジョウビタキ♀
夕方4時過ぎ、庭にひょっこりやってきた。飛来してきて大分たつので、人間社会にも慣れてきたのか、私が窓越しに見つめているのが見えているはずだが、すぐ近くまでやってきた。去年も我が家をテリトリにしていたのは♀だった。去年と同じ個体かな?目がクリクリして本当に可愛い。

Dsc004882

Dsc004852

| | Comments (0)

2015.12.17

今日の鳥

今日の榛名山

Dsc003602

赤城山

Dsc003852

スズメたちがずらりと並んでにぎやか。今年生まれの若鳥たちだろうか。ほほえましく、ほっこりする風景。

Dsc004062

Dsc004072

Dsc004112

Dsc004122

カラスが騒いでいる....と見上げると、オオタカの姿が.... 成鳥のようだ。

Dsc003582

トビがカラスともみあっていた。あれ? 後にいるのはチョウゲンボウだ。

Dsc003612

Dsc003613

悠然と滑空するトビ

Dsc003622

チョウゲンボウが空中で長いことホバリングをしていた

Dsc004042

おまけ:冬から春にかけて咲く、ヒマラヤユキノシタがもう咲き始めていた。

Dsc004232

| | Comments (0)

2015.12.10

モズ、コサギ、コガモなど 12/9

庭の電話線に止まるモズの♀。毎日テリトリにしている我が家の庭にやってきて採餌している。どうみても虫なんぞいないように見えるのだが、庭にさっとおりてきて、なにやらつまんで飛んで行く。

Dsc002562

民家の庭で春に咲くはずのハナズオウの花が返り咲きをしていたので驚く。12月なのに!

Dsc002692

Dsc002682

工事中の上武道路脇を歩いていると見えたのは長~い棒......、ギョ!上に人が.....?!

Dsc002582

クレーン車だった。いったい何をしてるの?

Dsc002612

え?写真を撮っているわけ?上武道路の進捗状況でも撮っているということ?それにしてもすごい高さ、足が震えないのかしら。おそろしや~。

Dsc002592

桃ノ木川は減水状態で、カモはコガモのみしかいなかった。

Dsc002872

まだエクリプスの雄

Dsc002772

護岸の上に白いものが.....。コサギらしいと分かったが、一体どんな止まり方をしているのか....と双眼鏡で見る。

Dsc002842

なるほど.....。アクロバットではなかった。

Dsc002852

| | Comments (0)

2015.12.05

冬の蝶たち

今日は朝から青空が広がってよいお天気。久しぶりに散歩に出る。

榛名山 左側に冠雪した浅間山がちょっぴり見える

Dsc002252

Dsc002272

赤城山

Dsc002282

一週間前の赤城山と空

Dsc001752

親水公園の土手ではチョウたちが飛び回っていた。まだまだ元気。

越冬するヒメアカタテハ

Dsc002072

ヤマトシジミもまだたくさん見られる

Dsc00223

ベニシジミ

Dsc002152

モンキチョウ 

Dsc002092

モンキチョウ3頭がもつれあっていた ♀をめぐる争い?

Dsc00222

バッタ類もまだたくさん見られる

ヒナバッタ 右後脚が無いよう....

Dsc002052

コバネイナゴ まだいる

Dsc002182

Dsc002212

近所の畑で飼っているミツバチ  どこから蜜を?

Dsc001772

一週間前、林縁の歩道でオオタカに襲われたのか、ハシブトガラスの死骸がころがっていた。道路に面したところ。獲物はオオタカより大きなハシブトガラスなので、重くて運べない。捕まえたところで羽をむしり、食べるしかない。多分とらえたのは早朝だと思われる。おおかた食べて放置したようだ。

Img_13162

| | Comments (0)

2015.11.21

ジョウビタキ、ギンモクセイ、ボケの花

我が家周辺をテリトリにしているジョウビタキの♀が畑に来ていた。

Dsc000022

Dsc000032

洗濯物を干していると、とっくに終わっているはずのキンモクセイの香り?がフワッと漂ってきた。キンモクセイではなく隣家のギンモクセイ香りだった。キンモクセイほど強い香りではないが、近寄るとほのかに香る。白い花で目立たない。

Cimg73452

どういうわけかボケの花が咲いている。これって春の花では?それとも秋咲きのボケ?

Cimg73442

| | Comments (0)

2015.11.20

ツグミ、アオゲラなど

暖かい日が続いているせいか、いまだにカネタタキがか細い声で鳴いている。ムラサキシジミが庭のサザンカに来ていた。多分このサザンカで越冬か。

声は聞いていたけどようやくツグミの姿を確認した。電線に止まってジッとしていた。よく見るとすぐそばに柿の木がある。ハハァ~ン、こちらが目当てね。しばらく見ていると、柿の木に移って柿を食べ始めた。ヒヨドリの声に驚いてか、また電線に。やっぱり弱腰ツグミん。お、もう一羽いた。こちらはヒヨドリがそばにいても平然としていた。ツグミの性格もいろいろ.....。

Dsc001212

Dsc001392

Dsc001402

雑木林の中でアオゲラに出会った。いい具合に止まってくれた。このアオゲラ、近所の屋敷林と雑木林を行き来している。庭からも鳴きながら飛んで行くのをよく見かける。

Dsc001092

アップにしてみると、あら、こっちをジロリと見ている感じ。

Dsc001093

脚と尾羽をズーム、第4趾は横に後にと可動できる優れもの。爪も鍵になっていて鋭そう。さらに固い尾羽を幹にピッタリ当てて体を支えている。だから縦にも止まれるっていうことネ。

Dsc001094

| | Comments (0)

2015.11.13

モズ、キクキンウワバ、ツマグロヒョウモン、ナツアカネ、シロダモ

モズ♀が毎日庭にやってきて、ヒラりと地面に下りて何やらくわえていく。昨日はアマガエルらしきモノをくわえて飛んで行くのが見えた。モズの目の良さにはいつも感心する。

Dsc006372

キクキンウワバ
畑の白菜の葉でじっとしていた。寒さのせいか動きが鈍いようだ。幼虫は菊が食草だが、やがて金箔模様のおしゃれな成虫になる。不思議。恒例の指に乗っていただき、パチリ。
ヌヌ....フクロウ顔!

Dsc006382

Dsc006412

Dsc006432

昨日花壇のマリーゴールドにやってきたツマグロヒョウモンの♀。まだまだ元気な様子。

Dsc006172

ナツアカネ♂もまだまだ元気。アキアカネはどこにいるのやら.....

Dsc006222

シロダモ クスノキの仲間で雌雄異株。散歩コースで雄花、雌花そして赤い実が同時に見られた。今の時期ならではである。

雄花

Dsc006342

Dsc006352

お隣に雌花が咲いていた。雌花は来年の今頃赤い実をつける。この赤い実は去年咲いた花が実をつけたもの。花と実が同時に見られる。

Dsc006292

Dsc006322

| | Comments (0)

2015.11.10

イカリモンガ、オオカマキリ、クビキリギスそしてジョウビタキ

昼間は暖かい日が続いているせいか、まだカネタタキの声が聞こえる。晩秋は命を終える虫たち、冬ごもりする虫たち、いろいろである。

昨日細ケ沢川そばでクルクル飛ぶイカリモンガに出会った。久しぶり。地面に下りた時にようやく一枚ゲット。止まったところはテングチョウにそっくりの蛾。成虫で冬を越す。

Dsc005882

昨日玄関のたたきにオオカマキリがゆっくり動いていた。こちらは冬を越すことができない。まもなく終焉をむかえるはずだが、命をながらえるべく陽だまりでエネルギーをもらっているようだった。

Dsc006032

Dsc006062

こちらはクビキリギス。オオカマキリより小さいが、この姿で越冬する。体のしくみがどう違うのだろう。野菜についてきたらしく、家の中の戸に止まっていた。

Dsc006102

指でギュッと掴むとと簡単に脚などがもげてしまうので、紙にそっと包んで拝見。赤いところが牙になっていてこれで咬まれるとかなり痛いらしいので要注意。外に出してあげた。モズに食べられないように.....。

Dsc006112

シロノセンダングサで吸蜜していた秋型のベニシジミ 
夏型は全体が黒っぽいが、秋型は春型に似て明るい色。間もなく見られなくなる冬越しのできないチョウ。

Dsc005912

Dsc005913

家の近くで採餌していたジョウビタキの♀。うちにやってくる個体と同じだと思う。

Dsc005932

Dsc005952

| | Comments (0)

2015.10.26

カラ類、ジョウビタキなど

23日、庭にカラの混群(エナガ、シジュウカラなど)がどどっとやってきて、にぎやかだったが、モズが飛んできたので、いっせいに飛んでいってしまった。秋本番、鳥たちの動きが活発になってきたようだ。

エナガ

Dsc005312

シジュウカラ

Dsc005332

翌日の24日、今年初のジョウビタキ♀を確認。飛来したばかりのせいか、とても敏感でじっくり見られない。午後家の周辺にしばらくいたらしく、ヒッヒッ、カッカッの声が響いていた。ちょっと似た声のカネタタキがよく鳴いていて、ジョウビタキと競演していた。カネタタキは寒さとともに消えていく....が、ジョウビタキはこれから自分のテリトリを決めて冬を越す。

Dsc005382

おなじくテリトリを持つモズ。我が家周辺を縄張りにするのはこの♀かな?

Dsc005392

毎日庭の水盤にやってきて水浴びをしていくカオジロガビチョウ

Dsc004062

| | Comments (0)

より以前の記事一覧